「第二の永久歯で生活向上」の記事一覧

ハミガキ粉を使わずに十分に歯みがきする方法

まず始めに、ハミガキ粉を使わずに十分に歯みがきする方法を自分のものにしてから、仕上げの時にちょっと練り歯みがきを付けるようにするときれいにブラッシングできるようになるでしょう。 広がった歯周ポケットという歯と歯茎の隙間に・・・

インプラントの使用可能年数

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。 ろ・・・

アバットメントを通じて人工歯根に固定

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。 骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっ・・・

喫煙がインプラント治療に及ぼす影響

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。 インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくこと・・・

意外な事実として、実はつい最近まで大学

意外な事実として、実はつい最近まで大学ではインプラントを教えていませんでした。向上心溢れる歯科医たちは有名なインプラントメーカーが主催するセミナーに参加したり、有力なインプラント学会に所属するなどして、知識や技術を身につ・・・

インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。逆に下

インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。 逆に下限は骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。 70歳以上の高齢者もインプラント手術を受けた方はいらっしゃいます。 ただ、年齢的には問題はなくても健康状態・・・

年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラ

年々進化を続けるインプラントの技術。 近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いもの・・・

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。 虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。その一方で、歯を抜いてしま・・・

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラ

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。 特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。メンテ・・・

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでし

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ