いろいろな事情からインプラント治療を始めるでし

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。
インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは言えません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。
それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。
これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ