喫煙がインプラント治療に及ぼす影響

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の一大関門となります。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ