アバットメントを通じて人工歯根に固定

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ