インプラント治療はどのような

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
実は、かかる費用は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。
それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ