人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用さ

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。それは違います。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。
MRI検査への影響はありません。虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ