全てのインプラント患者にとって、治療にか

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。
定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは言えません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ