一口にインプラント治療といっても

一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。
現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって幅があるのが普通です。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。
院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。
インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。
自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。
インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ